読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百伊蔵のブログ(´・ω・`)

育児しながらプログラム勉強中です

やる気クエスト

kindle unlimited

Kindle Unlimited で面白いマンガを見つけてしまいました。

その名も「やる気クエスト」

やる気クエスト(1) (純コミックス)

やる気クエスト(1) (純コミックス)

※unlimited のリンクじゃないです。すみません。

タイトルでも分かるように、いかにも昨今ありがちな「マンガで分かる系」のビジネススキルを紹介する本です。

しかし! この本は、ただの「マンガで分かる系」ではありません。 本当に説明がマンガだけなのです!

「マンガで分かる系」の本は、確かにストーリー仕立てで学ぶ内容を解説してくれるのですが、大抵マンガの後に必ず文章の解説が出てきます。 入り口をマンガにして敷居を下げているものの、結局活字で理解かい!というハイブリッドさに、どことなく微妙な感じがしてしまうのです。 だって「マンガで分かる」って書いてるのに・・・。

まぁ、ハイブリッドでもマンガ部分で登場人物たちに感情移入して、ストーリーに入り込めれば頭に残るのでありがたいんですけど。 落差がね〜(´・ω・`)

その点、この本は違います。 マンガのみで解説しています!

しかも、その展開や登場人物の行動に違和感が殆ど無い! 「あー、わかる。このやる気のなくなり方分かるわ〜。」と思ってしまうのです。 それでいて、解説内容が薄いかというとそんなことはありません。

確かに活字量に制限があるのですが、そのおかげで逆に「ヤル気コントロール」に必要な要素にコンパクトに纏まっており、要点が記憶に留まりやすくなっている気がします。 イラストこそ上手とは言いづらいものの、とはいえ見づらくなく(初期のパプワくんを思い出したりして・・・)、ストーリーにも引き込まれつつ読み進められるので読み終わった後に、かなり頭に残っています。

とても覚えやすい情報量になっているのです。

いや、これすごいな〜。 自分もこのくらいに要点を整理したドキュメントが書けるようになりたい。

本の内容に関しては、ストーリー内で謎解き的に解説される形式のため あまり書くとネタバレで読む時の楽しみが薄れてしまうのですが、、、 以下の内容は非常に印象的でした。

・ヤル気の量は有限 ・常にヤル気を出してたら人間は死んでしまう。だからヤル気を使いすぎないようにセーブしている ・ヤル気をセーブするタイミング、出るタイミングをマスターすることでヤル気を無駄なく必要なときに使えるようになる。

さて、そのヤル気をコントロールする術とは?!

まだ完結してないマンガなのですが、続きが気になるわ〜

※unlimited のリンクじゃないです。すみません。

やる気クエスト(1) (純コミックス)

やる気クエスト(1) (純コミックス)

やる気クエスト(3) (純コミックス)

やる気クエスト(3) (純コミックス)

やる気クエスト(4) (純コミックス)

やる気クエスト(4) (純コミックス)

やる気クエスト(2) (純コミックス)

やる気クエスト(2) (純コミックス)

ちなみにパプワくんはこちらです。(ヽ´ω`)