百伊蔵のブログ(´・ω・`)

育児しながらプログラム勉強中です

LightTableのClojureのバージョンを変更する

Clojureの勉強再開しました。(人生5度目) 今年こそClojure使いになりたい・・・(´・ω・`)

社内メンバーへも普及したいので、まずはエディタや開発環境の調査から。 ということで、LightTableを使い始めました。

LightTableは、エディタ上でそのままコードの評価ができるプログラマ向け素敵エディタだそうです。 エディタの使い方も日本語訳があると嬉しいですね。 少しずつ本家サイトの英語を読みながら精進します。

さて、そんなLightTableが使用するClojureのデフォルトバージョンを上げる方法です。

まず、今使っているバージョンは以下の手順で確認出来ます。

  • Light Tableを起動する
  • (Cmd/Ctrl+n) で新規ファイルを作成する
  • (Cmd/Ctrl+スペース)でコマンドペインを表示する
  • コマンドペインに、”Syntax”と入力して、”Editor: Set current editor syntax”を選択する
  • 言語選択画面に移行するので、”Clojure”と入力して、”Clojure”を選択する (これで、新規作成した未保存の空ファイルでもClojureが動作可能に)
  • clojure-version と入力して、Cmd/Cntrl+Enter を押してREPLを実行 すると実行結果にClojureのバージョンが表示されます。

私の環境では、使用しているClojureのバージョンは 1.5.1 でした。

この変更方法は、LightTableのFAQに書いてありました。

FAQ · LightTable/LightTable Wiki · GitHub

plugins/clojure/runner/resources/project.clj ファイルの :dependencies org.clojure/clojure "x.x.x" の"x.x.x"の箇所に、デフォルトで使用したいバージョンを書けばOKとのことです。

Windows版は、LightTableのzipを解凍したフォルダに上記ディレクトリがあります。 Mac版は、LightTableのzip解凍後、アプリの中にあります。 具体的には以下のパスです。

lighttable-0.8.1-mac/LightTable.app/Contents/Resources/app/plugins/Clojure/runner/resources/project.clj

Macのアプリって、フォルダのように中に入っていけるんですね。 Mac初心者で知りませんでした・・・。なるほど。

はじめてのClojure (I・O BOOKS)

はじめてのClojure (I・O BOOKS)