百伊蔵のブログ(´・ω・`)

育児しながらプログラム勉強中です

おっさんプログラマ、ニワトリを目指す

昨今、A.I.ブーム、機械学習ブームですね。

新たな付加価値として注目されているIT業界の会社さんも多いのではないでしょうか。 アイデア次第で自社サービス、自社製品、自社ソリューションに取り込む余地がありそうです。

しかし手軽になってきたとはいえ、やはり使いこなすにはベースに統計分析の知識は必要になります。 GUI等で簡単にロジックを組めるといっても、何をやっているのかわかっていなければ、サンプルを応用出来ないですし、モデルのチューニングもままなりません。

これまで探索木だけの世界だったおっさんプログラマひしめく会社が、いきなり統計分析で付加価値を出せるようになるのは至難の業であります。

解決策としては「社内で人材を育てる」か、「外部から会社や人材を買ってくるのか」なわけですが どちらの場合も、会社がまず目指すところは「A.I.分野で儲かる仕組みを作る」です。

外部から買うお金がない場合、時間をかけて自社で育てていくことになります。 自社開発に期待いただけるのは、社員も新しい分野にチャレンジできてありがたいんですが いかんせん、本業と二足のわらじになりがちで大変です。 R&D費とか積んでもらえたら、楽なんですけどね〜(´ε` )

そんなこんなで、かなり気合を入れないと結果を出せないままズルズル・・・という展開もありそうです。

いずれにせよ会社組織としては、まずは小さくていいので、「儲かる仕組み」を作る。 規模が小さくても、営業が出来て、仕事が取れて、納品して、お金をもらえる。 その仕組みを作ること。

その仕組ができたら、次はその規模を大きくしていく。 仕組みを作って実行していた人たちが、それを手順化して、次の世代を招きいれ実行できるように訓練する。 次の世代が実行できるようになったら、その次の世代を招き入れ訓練する側に回ってもらう。

ビジネスの世界では、まずニワトリを作る。 儲かるニワトリが出来たら、タマゴを産んでニワトリを増やしていく。 ニワトリが増えてきたら、優秀なニワトリを養鶏農場のおっさんに進化(!!)させて、新たな養鶏場を設立してニワトリで儲けさせる。 ・・・と、ループ。

おっさんプログラマとしては、このループの中で生き残っていけるかどうか正念場であります。

おっさんが頑張るよりは、新卒採用で詳しそうな学生に来てもらう方が早そうではありますが、立ち上がってない事業との二足のわらじに付き合ってくれるような奇特な人材はなかなかいません。 普通、その分野に既にコミットしている会社に行くよね。

その辺も含めて、失敗したらゴメンね前提で「部署立ち上げから一緒にやろう!」で人を集めるのもありそうですが。 誘う側に、相当なコミット力がいるな〜

関わり方は色々ありそうですが、おっさんプログラマとしては「新たなニワトリ作成」を意識して動いてイカンとアカンなぁ。と思う次第であります。

さて、「楽しいR」でも読んでみるか・・・(遠

LightTableのClojureのバージョンを変更する

Clojureの勉強再開しました。(人生5度目) 今年こそClojure使いになりたい・・・(´・ω・`)

社内メンバーへも普及したいので、まずはエディタや開発環境の調査から。 ということで、LightTableを使い始めました。

LightTableは、エディタ上でそのままコードの評価ができるプログラマ向け素敵エディタだそうです。 エディタの使い方も日本語訳があると嬉しいですね。 少しずつ本家サイトの英語を読みながら精進します。

さて、そんなLightTableが使用するClojureのデフォルトバージョンを上げる方法です。

まず、今使っているバージョンは以下の手順で確認出来ます。

  • Light Tableを起動する
  • (Cmd/Ctrl+n) で新規ファイルを作成する
  • (Cmd/Ctrl+スペース)でコマンドペインを表示する
  • コマンドペインに、”Syntax”と入力して、”Editor: Set current editor syntax”を選択する
  • 言語選択画面に移行するので、”Clojure”と入力して、”Clojure”を選択する (これで、新規作成した未保存の空ファイルでもClojureが動作可能に)
  • clojure-version と入力して、Cmd/Cntrl+Enter を押してREPLを実行 すると実行結果にClojureのバージョンが表示されます。

私の環境では、使用しているClojureのバージョンは 1.5.1 でした。

この変更方法は、LightTableのFAQに書いてありました。

FAQ · LightTable/LightTable Wiki · GitHub

plugins/clojure/runner/resources/project.clj ファイルの :dependencies org.clojure/clojure "x.x.x" の"x.x.x"の箇所に、デフォルトで使用したいバージョンを書けばOKとのことです。

Windows版は、LightTableのzipを解凍したフォルダに上記ディレクトリがあります。 Mac版は、LightTableのzip解凍後、アプリの中にあります。 具体的には以下のパスです。

lighttable-0.8.1-mac/LightTable.app/Contents/Resources/app/plugins/Clojure/runner/resources/project.clj

Macのアプリって、フォルダのように中に入っていけるんですね。 Mac初心者で知りませんでした・・・。なるほど。

はじめてのClojure (I・O BOOKS)

はじめてのClojure (I・O BOOKS)

今年こそアウトプットの年にしたい

40歳になってエンジニアとしての方向性を問われるようになってきたわけですが・・・ 伸び悩んでるわー(´・ω・`)

年末年始にかけて、自分に足りないと感じた場面・分野などを思い出し 対策として何が必要か、いろいろ考えてみました。

情報の整理・共有方法から、予定の段取り方法 プロジェクト管理方法から、敬語の使い方 雑談力のあげ方、英語力まで 様々なレベル、分野で課題だらけでしたが 最終的に出た結論としては、「頭を良くしないとダメ」という結論でした。 (結論がアホっぽい)

まぁ、アホっぽい目標ではあるのですが 個々の課題の対策を突き詰めていくと、割りと共通的なテーマにあたるんですよね。 「いかに素早く頭のなかを整理してアウトプットするか」

論理的に顧客に何かを説明するのもそう。 チームメンバーに指示を出すのもそう。 次の10年やりたいことを整理して会社に伝えるのもそう。 会社・部署の方向性を話すミーティングで何かをネタ出しするのもそう。 勉強した結果を脳に定着させるのもそう。

インプットして、整理して、アウトプットする。

この速度と精度を上げるトレーニングをするしかない。 瞬発的に何かを返せない場面が増えると、どうもアホっぽくていけない。

このあたりの脳の基礎体力(筋力?)が、どうも足りてないんだな。多分。

40歳以降もエンジニアとして生き残っていくには、発信力が左右する気がします。 GitHubソースコードを発信し、Qiitaでナレッジを発信し 会社でもビジネスの動向、掘り下げるべき技術の方向性を発信し 来季の目標を発信し

発信し続け、「あいつに技術者でいてもらうことが重要だ」と周囲にアピールし続けないと。

アウトプット力が低すぎて、いきなりは何もできないですが アウトプットの練習しまくって、アウトプット力を上げる年にするぞっ

ようやくAnsibleの入り口にたどりつけた…

VagrantCentOSの仮想環境を作って、Ansibleでアプリデプロイが今風らしいので(出遅れ)勉強してみたんですが、Ansibleで小さなサンプル動かせるくらいの入り口に辿り着くまで、結構かかってしまった…(´・ω・`)

帰宅して子供が寝てから1,2時間ペースなのでボチボチ前進すな。

一方、今月はじめから客先常駐になってしまってAzure資格の方はさっそく頓挫しております。
だいたい、やりますって宣言すると頓挫するよね。(ダメ)
常駐案件で使うべくAnsibleの勉強を先にやっとこうかなと。

PowerShellSSH対応されたらAnsibleからAzure操作できるようになるんじゃろか。

さて、ではAnsible入り口までの足跡を備忘として書いてみます。
Mac OS X 10.10.3 Yosemite 使っていますけど、Macも初心者です。(´・ω・`)

やったこと。

1. Vagrantをインストール…の前にHome brew インストール

Macでソフトウェア管理ってよく知らなかったので、Homebrew を入れることにしました。
以下、参考にさせていただきました。Homebrew-cask でVirtualBoxとかも扱えるんですね。
Homebrewでパッケージ管理を行う方法 ‹ 技術の犬小屋

2. VirtualBoxVagrantをインストール

brew cask からインストールしました。
VirtualBoxVagrant を作っても仮想OSインストールするの面倒だなと思ってたら、ネットからイメージを取ってくるサービスがあるんですね。すごい。
Vagrantbox http://www.vagrantbox.es/

でも、こういうのってセキュリティの心配とか大丈夫なんでしょうか。
勉強で使う分には、まぁいいけど業務で使う場合には自前でOSインストールからやったほうがいいんですかね。(´・ω・`)

3. Vagramtをさわってみる

Boxから仮想イメージを取得してOSの起動と停止をやりました。
vagrant box add ...
vagrant up
vagrant ssh
vagrant halt
vagrant destroy あたりを試しました。
とりあえず、コマンドラインから起動・ログイン・停止あたりができればOKかな?

4.Ansible チュートリアルに取り組む

Ansibleを使って複数台ホストを操作するいい感じのチュートリアルを発見したので、ここからは以下のサイトをなぞることに。(そして、少しハマることに)
Ansible チュートリアル | Ansible Tutorial in Japanese

Ansible はbrew からインストールしました。

4.1 Vagrantfile を編集して2台起動できるように

上記サイトにある通りにVagrantfile を編集して node1, node2を起動可能にしました。
自分の目標はnode1にWebサーバー環境を作って、fluentdでnode2にログを送って node2側 fluentdで集計する…までやってみたいところですが。果たして。

4.2 Ansibleのssh接続にVagrant秘密鍵をコピー

node1からnode2へも ansibleでpingが打てるように秘密鍵をコピーとのことですが、ここで少しハマりました。秘密鍵がない!!(あるけど鍵が違ってて接続できない。だったかな?)
どうも vagrant 1.7 より秘密鍵ファイルの場所が変わったぽいです。

Vagrant 1.7.1導入したら若干不具合が発生したのでメモ - re:inventing the wheel

前:~/.vagrant.d/insecure_private_key
後:./.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key

なおVagrantfile に以下を記述すれば、個別フォルダにキーが作成されない模様
config.ssh.insert_key = false

4.3 Ansibleでsshユーザーを指定する

以下を参考にさせて頂きました。
インベントリファイルに ansible_ssh_private_key_file と ansible_ssh_user を書いています。 Ansibleでsshユーザを指定する - Qiita

4.4 pingは通るがcopyでハマる

上記までで、ansibleコマンドから node1 にping が打てるようになりました。

momoizo$ ansible all -i hosts -m ping
192.168.33.11 | success >> {
    "changed": false,
    "ping": "pong"
}

が、Macからnode1にファイルコピーを試してみたらエラー(´・ω・`)

momoizo$ ansible all -i hosts -m copy -a "src=/xxx/momoizo.txt dest=~/momoizo.txt"
192.168.33.11 | FAILED >> {
    "checksum": "4c31f8b889d4b1c477941a45ec2d2ccd48775b94",
    "failed": true,
    "msg": "Aborting, target uses selinux but python bindings (libselinux-python) aren't installed!"
}

どうも CentOS(node1)でSELinuxが有効になっているせいらしいです。
解決策としては、libselinux-python をインストールせよ・・・と

4.5 Ansibleでlibselinux-python をインストールする

playbookで SELinuxがインストールされている場合で、かつ無効でない場合に libselinux-python をインストールするように組んだ方を発見。すごい。

Ansible GalaxyにGitBucketのroleを登録した
http://sankakuvalidator.hatenablog.com/

というわけで参考にさせていただき、初playbook に挑戦

playbook のひな形は以下のサイトの下の方に出てくる ping モジュールを使った Yaml ファイルをベースにしました。task:部分に上記サイトのタスクをコピーっと。
Ansibleのドキュメントを読んでみたメモ - Qiita

4.6 getenforce で ”[Errno 2] No such file or directory” でハマる

上記で作った playbook を実行してみると、どうも No such file or directoryエラーが出て動かない。YAMLの書き方の問題なのか切り分けができなかったので、ansibleコマンドで単体実行してみる。

momoizo$ ansible all -i hosts -m command -a "getenforce"
192.168.33.11 | FAILED | rc=2 >>
[Errno 2] No such file or directory

やっぱりダメ。 vagrant sshでログインして getenforceしたら動くので、ansibleに何か足りないんじゃろか?と思ってたら違いました。
ansibleでsshした際のパスが足りてなくて"コマンドが見つかりません”的な状態が上記エラーで出てました。
なーんだ。

momoizo$ ansible all -i hosts -m command -a "which getenforce"
192.168.33.11 | FAILED | rc=1 >>
which: no getenforce in (/opt/python-2.7/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin)

momoizo$ ansible all -i hosts -m command -a "/usr/sbin/getenforce"
192.168.33.11 | success | rc=0 >>
Enforcing

getenforceをフルパス指定したら動いた。

というわけで、playbook の方は一旦 sudo: true を記述して動くようにしました。 無事 node1 に libselinux-python がインストールされてファイルコピーも動くようになったぽい。

でもsudoで解決もイマイチのような… sshログイン時とsshコマンド実行時のパスの違いをでなくする方法を調べなくては。

で。今ここです。

進みは遅いですが、vagrant, ansible のssh関連の設定場所が分かったし、コマンドの使い方や playbook の使い方も少しわかりました。
ようやく入り口にたどりつけた感じ…

次は node1にwebサーバー環境作って、fluentd入れてログ収集して… というのを目指したいと思います。

あと、Webで調べると誰かのまとめ記事がすぐ見つかって入門者としてはすごくありがたい反面、ソフトウェアのバージョンが古くて動作が違ってハマるということもしばしばでした。 英語力をアップして、まずは公式のGetting Start的なものから読み始めるくらいになりたいなぁと改めて思いました。 がんばらんと(´・ω・`)

↓これは買いました。自分はAmazonじゃなくてGumroad からです。

入門Ansible

入門Ansible

入門 AnsibleのPDF、EPUB版を発売開始しました — そこはかとなく書くよん。

Microsoft Azureの資格に向けて勉強してみます

Microsoft Azure のMachine Learning (機械学習)が面白そうだよね。みたいな感じの話に会社でなりまして。

会社で詳しい人がいないので(多分)、社内で第一人者っぽくなれれば仕事もらえるんじゃないかと思い資格取得にチャレンジしてみようと思います。(´・ω・`)

それにしても、ちょっとググってみたんですが資料少ないですね・・・ 書籍もAmazonで調べてみても大半が2012年頃出版でタイトルもWindows Azureだし。

(2014年にMicrosoft Azureに変わってたんですね)

模擬試験ぽいものを探したら、なんか日本語怪しいサイトばっかりなんですが・・・

最新70-532日本語試験問題集、70-532日本語過去問、70-532日本語資格認定

最近、より多くの人たちがMicrosoft 70-532日本語資格を取得したいです。 … ここまでになるまだ不安がありましたら、JPshikenを利用する前に、一部の問題と解答を無料にダウンロードしてみることもできます。 さあ、JPshikenを信じって、自分の道路を踏み始めましょう!

不安だよ。超不安だよ。この日本語力 ”信じって”ってなんや… (´・ω・`)

最新の高効率のMicrosoft 70-532日本語試験問題集、100%合格できます!

万が一70-532日本語認定試験に落ちると、こちらも全額返金を承諾いたします。だから弊社で安心で購入することができて、後顧の憂いがありません。

まぢかよー ”後顧の憂い”って調べちゃったよ…日本語教わってしまった(´・ω・`)

ちゃんとしたのが見つからないんだけど、これ買っても大丈夫なのかなぁ・・・

購入者の方、おられましたら評価教えて頂けると嬉しいです。

とりあえず公式サイトの情報に目を通してみて考えよう。

ASP.NETも業務では使ったことないし、IISも6をちょっと触った程度だけど 果たして資格取得にどのくらいかかるやら。

これからはMacでDockerでClojureやるっしょ!と思って、MacBookPro買っちゃたんだけどなぁ。

とりあえずWindows環境どうしよ・・・

7つの言語 7つの世界

7つの言語 7つの世界

プロフィール画像が変わらないとか。

うぅむ

プロフィール画像設定してるつもりなんだけどな… 変わらん…(´・ω・`)

はてなブログのヘルプ見たら”強制再読み込みをしても反映されない場合には、1~2日程度お待ちいただき、再度強制再読み込みを行ってください。”ってなってた。

タイトル画像、今日の1枚、プロフィール画像を変更したのですが、変更が反映されません。 http://www.hatena.ne.jp/faq/qa/diary#190190368495538719

結構時間かかのねん… テンプレート変えたら反映されるかと思ってデザイン変えちゃったよ。

というわけでカワイイ感じになってますがオッサンが書いてます。すみません。(´・ω・`)

そういえば昨今はQiitaを使うのも流行ってるみたいですね。 私もどちらをメインで使うべきか一瞬迷ったんですが、そうなるとブログとの住み分けがまた悩ましい。 で、調べてみたところ「Qiitaはプログラミングの知識共有目的で事実を書く。それ以外はブログ。」と解説されてる方がおられました。

Qiitaとブログの使い分け | #interest_ae

自分的にも割りとシックリ感があったので、そんな感じで頑張ってみようと思います。

とは言え、まずはアウトプットの継続力を上げていくところからなので、整理した記事をQiitaにアップ出来る日は少し遠そうではあります… ブログ継続とかムズい(´・ω・`)

20代の頃は「xxx言語が出来ます」とか「xxxフレームワーク使えます」を売り文句に仕事が選べたものですが、40過ぎるとなかなかそうも行きません。 子育てしながら新しい技術のキャッチアップってだけでもヒィヒィなのに、ライバルが若くて優秀なエンジニアってわけですからもう、とりあえず現実逃避してパズドラですよ。

ガチャ回しちゃうぞーこのー

そんなオッサンエンジニアの残り20年生き残り戦略の一つとしては、アウトプット力を高めて、社内エバンジェリスト的ポジションを狙え得ないかなと思う次第なのであります。

「いい歳なんだから素直にマネジメント力とコミュ力を上げなさい」という天のお告げが耳元でささやきますが…もうちょっとだけプログラミングしたいやん。(´・ω・`)

英語で指

英単語アプリのクイズをやっていたら、digit = 桁 を答えさせるクイズなのに
例文では digit = 指 という使い方をしてた。
 
指折り数える感じで、派生して桁になったのかな?とか推察しつつ
”指”って”finger”と学校で習った気がするけど、digit との使い分けって何だろうと思い
検索してみたら、結構自分の知ってる単語と意味が違ってて驚きました。
 
大体まとめると、こんな感じでした。
 
  • finger は、日本語で言うところの”指(手・足問わず指)”ではない。(!)
  • finger は手の指のみを指す。さらに、親指を含むかどうかで意見が分かれる模様
    親指は thumb その他4本の指がfingerで、親指はfingerではない!という意見がある
    人差し指をfirst fingerと言う場合があるのも、この考え方から来ているのかも
    一方、fingerは語源のfive(5)とつながるので、親指を含まないとも言い切れないという説も
  • 足の指は toe を使う。finger は使わない
  • digit は、手・足の指を指すのに使える
ということで、日本語の”指(手・足問わず使える)”という単語の感覚に近いのは finger ではなく digit の方かもですね。
 
あと、親指(thumb)を調べていたら、thumbs-up(down) サインの話に辿り着きました。
Youtubeの動画で動画の評価に、親指を立ててるマークと下げてるマークがありますが、あれです。
片手の親指立てるだけなのに、何で複数形の s がつくのか。
 
起源を調べると、古代ローマの剣闘士が負けた剣士を殺すかどうか観衆に聞いて、観衆が賛成・反対のジェスチャーに使っていたのが最初だそうです。
なので、大勢の人のサインということで複数形、で、元々は賛成の意味から、良くやったという意味を含むようになったのだとか。
言葉の起源って面白いですね。
 
英単語がなかなか覚えられないので、自分用の英単語暗記アプリをつくろうと思ってるんですが
この調子だとなかなか進まないな。
 
 
■参考にさせて頂いたサイトは以下です。
 
まず、digit = 指の語源に関して
 

指折り数える--デジタルの語源
http://www2.kyoto-wu.ac.jp/club/blog-kyoin/blog.cgi?mode=detail&teacher_id=mizuno&entry_id=490

 
[Yahoo知恵袋]英語で、親指だけなぜ ~ finger と言わないのですか?
 
[Yahoo知恵袋]何で人差し指を英語でファーストフィンガーって言うんですか?
 
[Yahoo知恵袋]イギリス人の夫と話してて「thumb」(親指)は「指」じゃないんだ、と言ってました。・・・
 
FINGER vs. TOE 手の指 vs. 足の指